保育士サポートナビ・児童養護サービス

MENU

アフターケア

アフターケアとは、措置解除後の児童や保護者が、
新たな生活環境に適応するための過程において生じる
さまざまな状況に対して援助する事をいいます。

 

児童が就職し、施設を対処するという場合などは、
就労の継続や地域社会での一人暮らしに対し、
継続的にアフターケアをしていくことが必要です。

 

就職に伴う自立だけでなく、家庭復帰した場合やなど、
児童やその家庭に対しても児童の養育に冠する支援が必要な事もあります。

 

2004年の児童福祉法改正においては、
各児童福祉施設の役割に、退所者に対する相談やその他の援助を行うことが
規定されています。