保育士サポートナビ・児童養護サービス

MENU

養子制度の必要性

養子制度は、要保護児童の養子縁組に里親制度が利用されているので、
里親委託との区別が認識されずに今に至ります。

 

しかし、実親との関係を気づくことができない児童にとって、
実親に次ぐパーマネンスを保証するために、養子制度は重要な選択肢の一つになります。

 

児童福祉法の改正によって、養育里親への支援体制が整えられましたが、
一方で養子縁組里親に対する研修の義務付けもなく、
里親手当も支弁されなくなったというような事から、
児童家族福祉施策としての養子制度の後退につながる事を危ぶむ声も多くあります。

 

養子縁組ニーズのある要保護児童に対し、
適切な養子縁組を提供することができ、
養子縁組の後、養親養子に対する支援も、
児童擁護サービスの一環として位置づけられることが望まれ、期待されています。